認知症患者の約半数を占める、「アルツハイマー」では、
昔のことはよく覚えているのですが、
1分前のことを忘れるんですよ・・・

自分が商品を手に取ったことを忘れてしまう認知症

スーパーで豚肉を万引したとして窃盗罪で捕まった老人がいる。
その人は、裁判で無罪となりました。

ポケットに入れた商品を記憶障害によって忘れた。
それが病気によるものだから、ということらしい。

どうしたらいいのでしょう?

なぜ、そんなことが起きたのか?

アルツハイマーの人って、同じ話を繰り返しますよね
つい先ほど話したことをまた話します・・・

直前のことを覚えていまいのです。

そういう人が、スーパーに入って、
カゴを取るのが面倒だからと、
手に持てないものをポケットに入れていた
レジでは、手に持っているものだけ精算して、
ポケットの中に物を忘れていたのだそうだ・・・

悪意はなく、忘れているのです。

万引き犯が、やっているのと同じだが、
病気なので、本人のせいではない・・・

買い物かご以外の自分のカバンやポケットはまずいですね~
でも、その段階では、レジを通るかもしれないので、
お店の人も何も言えない・・・

カゴを持たないと、買い物できないようなシステムが必要なのか・・

その人は、警察に拘留されて、悲しい思いをしたらしく、
1人で買い物に行けなくなったとか・・・

どうしたらいいの?

認知症のひとにとっては、外出することは大事です。
外に出て、景色を観たり、歩いたりすることで、
認知症の進行を抑える効果があります。

でも、家族は、心配ですし、
他人に迷惑をかけてはいけないと思い、
外出をしてほしくない・・・

難しいですよね~

田舎で、近所のよく知っているスーパーなら、
わかってもらえるでしょうけど、

都会ではなかなか、そうもいきませんよね

また、認知症になると、
妄想や幻覚、攻撃性といった症状が出る場合もあり、
自分が悪いことをしていないということで、
大事になう場合もあるので、注意したいです。

まとめ

認知症が原因で万引きが起こること・・・

これ自体、まだまだよく知られていないのですが、
事例は増えてきています。

家族だけに任せるのではなく、
自治体や、地域で、サポートしてほしいものです