中高年になりますと、
物忘れが多くなりますよね・・・・

これは認知症のはじまりなのかもと
心配になりますよね~

でも、これは個人差が大きいです
生活に支障が無ければいいのですが・・・

短期間のうちに、
同じことを言うようになると、
認知症に始まりです

自分では気づいていなくても、
まわりが、アレ?
もしかして・・・

そんなことが、
日本中で毎日起こっているのです

医学が進歩して、
いろんな病気の治療ができますが、
痴呆症は、まだまだ、研究段階です

身体は元気なのに、
脳が、正常に機能していないことで、
多くの患者さんや、家族が苦労しています

私の祖父が重度の認知症でした
父もあやしいです・・・
ならば、私も?

なので、
いろいろ調べているところです

認知症といっても、
いろんな種類があることをご存知ですか?

認知症の種類と特徴

アルツハイマー型認知症

認知症の中で、最も多いのが、
アルツハイマー型認知症です
認知症の55%の割合です

原因は、脳にアミロイドβという、
たんぱく質が増えていきます
そのたんぱく質が原因で、
正常な神経細胞が壊れていき、
脳の萎縮が起こります

でも、現在、
アミロイドβが蓄積する原因については、
研究中で、答えは見つかっていません

症状としては、
記憶障害から始まります
同じことを何度も言うようになります
病状が進むと、自分の家がわからなくなったりします

脳血管性認知症

これは、認知症の15%の割合です

原因は、脳梗塞や、脳出血などの
病気が原因で発症します

なので、生活習慣病があるとで、
発症のリスクが高まります

症状は、日や時間帯によって変わります
急に元気が無くなったり、うつ状態になったり
運動機能障害が出たり、
うまく物を飲み込めないなどが起こります

レビー小体型認知症

これは、認知症の10%の割合です

原因は、レビー小体と呼ばれる、
特殊なたんぱく質の蓄積が原因で起こります

レビー小体が脳内に蓄積することで、
神経細胞が壊れます

パーキンソン病でも、
このレビー小体が現れますのです

症状は、
パーキンソン症状を伴った認知症となります
記憶障害よりも、
幻覚や幻視症状が現れることが特徴です

前頭側頭型認知症(FTD)

患者数は少なく、認知症の2.5%です

原因は、タウたんぱくやTDP-43、FUSなど、
様々なたんぱく質が変化し、蓄積することで発症します
原因は、よくわかっていません

脳の前頭葉や側頭葉の機能が委縮します
ピック病とも呼ばれ、40~60代の若いうちに発症しやすく、
若年性認知症のひとつです

記憶障害よりも、
乱暴な、非理性的な行動になりやすく
他の病気を間違われることが多いです


スポンサードリンク

明確な治療法がない

これら、四大認知症の明確な治療方法は、
いまだ、研究中で、見つかっていません

異常なたんぱく質が蓄積することで、
脳細胞を破壊しているのですが、

そのメカニズムが解明されていません

しかしながら、研究により
少しずつ解明されつつあるようです

もう少し時間がかかりそうです

今できることは、あるのでしょうか?