BMIというのを聞いたことがあるでしょう?

1994年に、WHOで定めた肥満判定の国際基準です

日本でも健康診断で使っていますよ

BMIや体脂肪率を管理して健康に!

BMIは、
「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で計算します

たとえば、体重が80キロで、身長が170センチの場合

BMIは、27.7となります

どうみても、メタボな体型ですが、

18.5未満 :低体重
18.5以上~25.0未満:標準、
25.0以上~30.0未満:肥満(1度)
30.0以上~35.0未満:肥満(2度)
35.0以上~40.0未満:肥満(3度)
40.0以上     :肥満(4度)
としています

27.7は肥満(1度)ですね~

あなたは、どうでしょうか?

BMIの計算式は世界共通なのですが、
判定する基準は各国で異なるのです

日本でのBMIの理想値は男性が22.0、
女性が21.0とされています

自分の体脂肪率を知ろう

この数値は、体脂肪率と関連性が高いのです
問題は、体脂肪率です

痩せて見えても、隠れ肥満といって
体脂肪率が高いと、良くないのですよ

体脂肪率は、体脂肪計で測ります、
年齢で、理想の数値が変わります
男女でも違いますよ


男性の理想の体脂肪率(18歳~39歳の場合)

痩せている  : 0~10%
標準(少な目):11~16%
標準(多め) :17~21%
軽肥満    :22~26%
肥満     :27%~

女性の理想の体脂肪率(18歳~39歳の場合)

痩せている  : 0~20%
標準(少な目):21~27%
標準(多め) :28~34%
軽肥満    :35~39%
肥満     :40%~


体重だけでなく、体脂肪理湯も重要な指標となります
体脂肪も測定できる、ヘルスメーターがおススメです

BMIや体脂肪が多いとどうなる?

BMIが標準値より高いと、
生活習慣病にかかりやすくなります

25.0を超えると・・・
糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症、高血圧
などの病気が心配ですよ

ここで大事なのが、体脂肪率も測ることです

ダイエットをしようと頑張っても
体重が落ちない・・・
「もう嫌だ~!」
となりますが、

体脂肪は落ちているかもしれませんよ

体脂肪率を測定することで、
体の中が痩せているかもしれません

体重が減らなくても、
体脂肪率が変化していることが多くあります
数値がわかると、やる気も継続しますからね~

有酸素運動と食生活の改善が必要です

1日の摂取カロリーと、
消費カロリーが体重の増減をを決定します

食事と運動の両方が大事です

ただ食事制限だけをすると、
痩せることはできますが、
それは、体内から水分が排出され、
筋肉も細くなっているので、
基礎代謝量が減ってしまい

体重が減らなくなります
筋肉を付けて、基礎代謝を上げると、
何もしない時も、エネルギーを消費してくれます

バランスが大事ですね~

サプリメントの活用


botan内脂サポート約30日分初回限定特別価格1,500円(税込)


ファンケルの、機能性表示食品
「内脂サポート」

これは、
高めのBMIを改善する機能性表示食品です

BMIが気になる方や肥満気味の方、
毎日の健康維持にも効果があります

健康診断で数値が悪かった・・・
お腹の脂肪が気になる・・・

そんな人におススメです

生きたビフィズス菌が、
腸内環境を良好にして、
体重・体脂肪を減らすことで
高めのBMIを改善する機能がありますよ


botan