戦後、日本人の食生活が変わり
大腸がんが増えていますが、
その大きな要因は、食物繊維不足です

もち麦が日本人の食物繊維不足を救う?

食物繊維の摂取量が減っている・・・

欧米の食生活に変化していますし、
そうなんでしょうね~

特に、穀類から取る食物繊維が激減しているそうです

ちょっと前まで、麦飯を食べている人が多かったのですが、
炭水化物ダイエットなども影響しているのでしょうか・・

麦は、体に良いのですけどね~

食物繊維の不足は、
腸内環境の悪化や大腸がんの原因になります

さらには、
排便の量が減り、
腸内の毒素が大腸と触れ合っている時間が長くなる・・・

なんだか、怖そうですね~

その対策に良い食物は、
麦だそうです

水溶性食物繊維を多く含んでおり
さらに、
大麦のβ-グルカンの効用は、
最近、注目されております

欧州の研究では、麦のβ-グルカンには、
・血中コレステロール値の正常にする効果
・血糖値の上昇を抑える効果
この2つがあると、言っています

昔の日本人は、麦ご飯を食べていたので、
健康だったんでしょうね~

麦の何がいいのか?

麦の食物繊維は消化・吸収されないのです
なので、胃→小腸→大腸と通って行き、
それぞれで、ずっと働くといくいことなのです

まず、胃では、満腹感を感じる腹持ちの良さ

小腸では、食物繊維はネバネバしているので、
糖質や脂質の吸収を遅くし、食後の血糖値を上がりにくくしたり、
コレステロール値を正常化したりしてくれます

大腸では、腸内細菌の「餌」になってくれます
β―グルカンを好む腸内細菌には、
ビフィズス菌やバクテロイデス菌などの
善玉菌を育てて、腸内環境が良くなります

どんな麦がおススメなのか?

大麦の中でも、もち麦が、
β-グルカンが多いそうですよ!

もち麦って、どんな麦?

楽天でも売っていて、
こんなものです


botan


食べ方は?

ご飯に混ぜて、炊いて食べるといいですよ
とても簡単です

効果的な食べ方は、
朝食に食べることです
(出来れば、昼食にも)
そうすることで、朝から夜まで、
1日中、腸内環境が良い状態に保たれます

朝、忙しくてもおにぎりにして食べて、
お昼は、お弁当に入れる

そんな感じが良いでしょうかね

麦ごはんの炊き方

お米2、3合の場合ですと、

・普通にお米を研いで、いつもの水加減で準備
・もち麦を、大さじ3~5杯を入れる
・水を60~100ミリリットル追加する
(お好みで変えてください)
・いつものように炊く
(炊く前に20分ほど置くとより美味しく炊けます)
・炊き上がったら、15分ほど蒸らします

簡単ですね~

まとめ

炭水化物は、大事な栄養素です

砂糖のような糖質は、
控えた方がいいですが、

食物繊維の多く含まれる
炭水化物の穀物を、
食生活に取り入れて、
腸内環境を整えましょう