以前から、夜勤多い仕事をしている人は、
寿命が、短いのでは?

そんな話はありましたが・・・・

人間には1日周期でリズムを刻みます
それが、体内時計ですが、
現代社会では、そうも言っておられません

特に、三交代制の勤務の仕事の場合は、
そうはいきません
体調管理は難しいです

昼夜逆転の仕事で、死亡率が上がる

長期間にわたって頻繁に昼夜が逆転する・・・
すると、体内時計が乱されますよね

こんなことが長期にわたって続くとどうなるのか?

マウスによる、実験結果があります

京都府立医大の研究チームのマウスの実験です

シフト性の仕事はたくさんあります
人が寝ていても、必要な仕事といえば、
病院や工場などの仕事です

人間の体内時計は、約24時間周期です
その、体内時計が乱れると、
睡眠障害など様々な病気のリスクが高まるといわれています

今までは、老齢マウスの実験で、
死亡率が上がることも分かっていたのですが、
長期的な影響は不明だったそうです

このほど、八木田和弘教授(環境生理学)らのチームは、
明暗の切り替えのタイミングを変えることで、
次のような実験をしました

明るい時間帯を、
7日ごとに8時間ずつ後ろにずらしていく
「ゆるいシフト」

4日ごとに8時間ずつ前倒しする
「きついシフト」

この二つの環境下で、マウスを育てました

1年9カ月の長期間にわたり、
行動リズムの変化などを調べました


ゆるいシフトだと体内時計の乱れは軽微だったのですが、
きついシフトでは、
マウスが変化に適応できず、
活動や休息の行動リズムが昼夜と関係なく乱れたのです

きついシフトは34匹中9匹が死んだのに対し、
ゆるい方は14匹中1匹だけ死にました

死亡率はきつい方が4・26倍高いと推定されます

死んだマウスの67%で、
白血球の増加など炎症反応が確認されたそうです

八木田先生は、
シフト勤務のタイプによって健康への影響が異なる可能性があり、
どんなシフトなら負担が少ないのか研究したい
と話しておられます

夜勤などの昼夜逆転は、気をつけたい

三交代の勤務では、昼夜が逆転しますよね
それが、入れ替わったりすると、
なかなか、体調管理が難しいでしょうね~

家族は、普通の生活をしていますから、
その中で働いている人は、なかなか寝たり起きたりが大変です

なので、部屋を完全に暗くできるような環境や
静かな環境がないと、なかなかうまく寝られません

ぐっすり眠れないと、体調が悪くなります

サプリを使ってみる

体調管理には、サプリも必要かもしれません

興奮した身体を休ませて、
ぐっすり眠れるようなものがあればいいですよね

すこやかな睡眠と
一過性作業のストレス緩和には、
L-テアニン配合のサプリがいいです



リフレは「睡眠の質」を改善するために
L-テアニンに着目しました

「睡眠の質の改善」と「ストレスの緩和」という
二つの機能を組み合わせた機能性表示食品です

botan