食用油には、いろんな種類がありますよね

特に、EPA、DHA、αリノレン酸が豊富な油
それが、亜麻仁油なのですよ



その特徴と、食べ方を紹介します

亜麻仁油が体に良い理由とは?

体に良い油で代表的なものは、
ココナッツオイル、オリーブオイルですよね
忘れてはいけないのが、
脳の機能を向上させるオメガ3系の含有量が豊富な
亜麻仁油なんですよ

食事で体に入る油の種類は、
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です

飽和脂肪酸は、
牛肉や豚肉、乳製品などの動物性の脂肪です
これらは、食べ過ぎるとよくないですし、
人間の体内で合成できるものなのです

不飽和脂肪酸は、
さらに次の物に分けられます

オメガ3
EPA、DHA、αリノレン酸が豊富な油です
健康に良いといわれているものばかりです
これらは、青魚の油、えごま油、チアシードオイル、亜麻仁油に
多く含まれます

オメガ9
オレイン酸が豊富な油です
オレイン酸は、悪玉コレステロールのみを下げるといわれています
オリーブオイル、なたね油、アボガドオイルに
多く含まれます

オメガ6
リノール酸が豊富な油です
紅花油、コーン油、大豆油、サラダ油などに
多く含まれます

他にもオメガ○○というのはあるのですが、
代表的な3、6、9を取り上げています

トランス脂肪酸
マーガリンやショートニングなどの加工油です
これは、身体に悪いといわれていますよね


トランス脂肪酸以外の脂肪の摂り方は、
バランスが大切です
摂り方で、良くも悪くもなるそうなのです

脂肪のバランスとは?

理想の摂取バランスというのがあります

飽和脂肪酸 :3
オメガ9  :4
オメガ6と3:3

このように、言われています
(いろんな意見があるのですが・・・)

で、最近よく言われているのが
一番下の、オメガ6とオメガ3の割合です
理想は、4:1と言われております
オメガ6が少し多めという事です

おさらいすると、
料理によく使うサラダ油に含まれる
リノール酸が4に対して、

亜麻仁油に含まれる
EPA、DHA、αリノレン酸が1

この比率が、理想の4:1ではなく
50:1になっているのだとか・・・・・

これはいけませんよね~
青魚を食べていないからでしょうかね~

「青魚を食べましょう」と、よく言うのは
これが理由ですよ

EPA、DHA、αリノレン酸が豊富な亜麻仁油

亜麻仁油って、馴染みがないですよね

亜麻仁油は、
成熟した亜麻という植物の種子から作られます
黄金色の油なんです

日本では北海道でのみ栽培されているので、
なかなか、目にすることが少ないです

青魚もたくさん食べないといけませんが、

亜麻仁油を摂取することで、
それを補えますよ

オメガ3系の脂肪酸が
豊富に含まれているので、
体内でDHAに変換されます

DHAは脳に良いとされていますから、
最近、人気の油なんですよ


botan

亜麻仁油は保存が難しい

ただ、亜麻仁油は、酸化しやすい性質なのです

購入後は、早く使い切ることが必要です

光に弱く、空気の触れると
酸化が進みますので、

温度の低い、暗いところに保存して、
開封後は、冷蔵庫です

高温にも弱いので、
調理にも気を使いましょう

50度以上の温度ではαリノレン酸が
変質してしまうという特徴もあるのです

熱い料理は、調理後、温度が下がってから
入れましょう

たとえば、
サラダ、豆腐、納豆にかける
パスタ、お味噌汁などに入れる


量でいうと、毎日少しずつです

小さじスプーン一杯(約5gで、40キロカロリーほど)
この中に、オメガ3リノレン酸が約2g含まれます

小さじスプーン一杯を習慣にして、
サラダ油などの控え目にすることで、
健康に良いのですよ