糖尿病の患者さんが1000万人、
さらに用尿病予備軍が1000万人、

合わせると、2000万人
凄い数字ですよね・・・・・

痩せていても糖尿病予備軍かも

あなたは、大丈夫ですか?

糖尿病は、血糖値が上がったままで、
いろんな合併症を起こす病気です

メタボの人がかかる病気だと思っていませんか?
しかし、痩せている人も気をつけないといけません
糖尿病予備軍かもしれませんよ

食事と血糖値、中性脂肪の話

食事をすると何が起こるのか・・・

食事で、体内に糖質が入ると、
インスリンというホルモンが分泌されます
そして、糖質からエネルギーを生成しますよ



しかし、糖分の供給量が多すぎると、
糖分をもとに生成されたエネルギーを
使いきることができなくなる・・・・

すると、その余ったエネルギーは、
血液中で中性脂肪へと変換されて体内に留まってしまいます
そして、エネルギーの消費を待つ状態・・・

そして、次第に、内臓脂肪や皮下脂肪に変わり、
中性脂肪値の異常な上昇や、
肥満体形となるのです

こうしてメタボになるんですよね・・・


食べた分だけ、運動して、
wねるぎーを消費すればいいのですが、
なかなか、そうもいかないのですよ

この、糖分を多く含むのは、
お米やパスタ、パン、お菓子、ジュースなどです

痩せていても注意

高血糖になるのは、
食べ過ぎだけではないのです

インスリン不足も原因の一つです

インスリンの働きが弱い、
あるいは、分泌量が少ない場合・・・

これも、血糖値が上がったままになります

この場合は、体型には関係ありません
痩せていても、起こります

ンスリン分泌量が少なく、
働きの悪い体質の場合です

日本人はもともと、
欧米人よりもインスリン分泌量が少ない民族なのです
痩せ型の糖尿病が多い理由も、その一つです

少食で痩せているから大丈夫と、
麺類やご飯ばかり食べていると、
糖質摂取量過多になって、
インスリンの働きが追い付かなくなることもあるのですよ

糖尿病予備軍の食事法

糖尿病の患者さんは、食事の時、
野菜から食べることを実践しています

これはどういう事かというと、

血糖値を急激に上昇させないコツなのです

同じメニューでも、空腹状態でいきなり
ご飯やおかずを食べると、
活発にインスリンが分泌されて、
多くの糖分が分解されて血中に吸収されます
そして、血糖値が上昇するのですが、


野菜などの食物繊維の多いものから食べ始めると、
同じメニューであっても、
血糖値の上昇はゆるやかになるのです
不思議ですね~

結果、血糖値の上昇を抑えて、
最終的に、血液中に取り込まれてしまう中性脂肪の量も減らせるのです


これは、
野菜(食物繊維)を食事の最初に食べることにより
食物繊維がフィルターの役割をするのです
糖の吸収を緩やかにしてくれますよ

主食を食べる、20分前にが良いとされています
なので、まずは、野菜を20分くらいかけて
ゆっくりとよく噛んで食べるのです

そうすると、
食物繊維は胃の中で水分を含んで膨らむので、
満腹感を得ることもできます
その後の食事も、食べ過ぎにならない!

一石二鳥!

野菜から食べる習慣を身につけるといいですよ

野菜をいつも準備できない場合は?

野菜を常に準備するのは大変ですよね
外食の時などは、そうもいきません・・・

そんな時は、おとなの前菜ゼリーがあります

食事の前に食べておきます
そうすることで、同じ効果を発揮してくれますよ

便利なものがあるんですね~

botan