たけしの家庭の医学で、
内臓脂肪を減らす海藻ということで、
アカモクが紹介されて以来、
楽天で売れ続けています

アカモクとは何だ?

運動せずに内臓脂肪を減らせるスーパーフード
アカモクとは何だ?

ねばねばの海藻と言えば、
めかぶやもずくなどもありますが、
何がどう違うのでしょう?

海藻はどれも、栄養がありそうですよね

・わかめ
・めかぶ
・モズク
・アカモク

いろいろありますよ


わかめとめかぶは同じものですよ
部位が違うだけです

わかめは葉の部分で、
めかぶは根元に近い部分です

モズクは、また別の海藻です

では、注目のアカモクは、
ひじきの仲間です

スーパーフードとして
今、大人気です

「内臓脂肪を減らすスーパー海藻を大発見」
ということなのです

食べるだけで運動効果があり、
昆布の7倍以上の、ある成分が・・・

それは、内臓脂肪を減らす成分である
「フコキサンチン」なのです


このアカモクは、
東北の家庭で食べられている海藻なんですが、
なかなかスーパーなどでは手に入らないのだそうです

なので、楽天で売れているんですね~

海藻は、どれも栄養豊富なのだ

海藻には、どれもで栄養分が多いのです

ビタミン、ミネラル、
そして、ヌメヌメの成分が、フコイダンです

フコイダンは、海藻類の表面を覆っている
ぬめりの部分に、含まれている多糖類のことです

フコイダンは、海藻が潮流などで傷つくと、傷の修復をます
また、周囲の微生物に食べられないように、バリアになります

これを人間が食べると、
・胃粘膜の保護や胃炎の改善、
・血中コレステロールの低下、
・血糖値抑制作用、
・糖尿病の予防や改善、
・免疫力向上、
・がん予防、抗がん作用、
・ダイエットに効果、
・整腸作用、便秘の予防改善

凄いですね~

で・・・・
いよいよ、アカモクに多く含まれている
「フコキサンチン」
これは、モズクやわかめや昆布にも
含まれていますが、アカモクには、わかめの約2倍、
昆布の約6倍も含まれているそうですよ

だったら、アカモクが良い!

そうなりますよね~

いろんな料理に、合いそうだ!

フコキサンチンの特徴は?

フコキサンチンは、
冒頭で書いたように、内臓脂肪が減るのです

それは、
活性酸素と結びつきやかったり、
白色脂肪細胞に特別なタンパク質発現を誘導し、
燃焼を助けたり・・・・
難しい話になってしまいます

そんなことから、
早い話が、内臓脂肪が減るらしいのです

手に入りにくい物なら、
通販で買ってみたくなります

botan

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【最長2017年10月25日発送】玄海灘産 国産100% 天然あかもく 130g…
価格:4860円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

まとめ

健康食品は、テレビ番組の影響を受けて
流行り廃りがあります

でも、海藻のネバネバは、
健康に良い事は、間違いないですね

無理に、アカモクでなくても、
スーパーにいつでも売ってる、
めかぶなどを、日常生活のおかずに加えると
健康に、食事のバランスに、いいのではないでしょうか