ココナッツオイルは、2、3年前は、
スーパーの店頭にたくさんありましたよね
その後、どうなったのか・・・・

今でも人気がありますよ
健康に良い、スーパーフードです

ココナッツオイルの効果

栄養学的な見方をすれば、
油脂類は、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます

ココナッツオイルは「飽和脂肪酸」が90%以上
なので、酸化に強く、変質しないオイルです

「飽和脂肪酸」の代表は、肉や乳製品で、
常温では固まりやすいという特徴があって、
一般的には「飽和脂肪酸」は、
中性脂肪やコレステロール値を高くしてしまいます

ココナッツオイルも、そうなのか?・・・

しかし「飽和脂肪酸」でも、
ココナッツオイルには、特徴がありますよ
中鎖脂肪酸を多く含んでいるのです
これは、オイルが肝臓にすぐに運ばれて、
効率的に分解されエネルギーになっていという
素晴らしい、効果がありのです

吸収がスムーズで代謝がよい!

なので、次のような効果が期待できます

・基礎代謝アップして、体脂肪を燃えやすくする
・脳の活性化や老化防止する
・口臭予防、虫歯や口内炎を予防する
・風邪を予防する

ダイエットや生活習慣病の予防に良いのです

買う時に注意したい

購入時には、
最近問題になっている、「トランス脂肪酸」の
入ってないものを選びましょうね

おススメは、エキストラバージンココナッツオイル

特徴は?

炭水化物・コレステロール・トランス脂肪酸・添加物 0%
オーガニック認定取得原料
コールドプレス製法
安心の国内充填

使用方法は?
コーヒーや紅茶などドリンクに
カレーや炒め物などお料理に

温度によって形状が変化

天然のままのココナッツオイルなので
低温では固形化します

季節の温度に応じて変化するのです
夏には液体、冬は固形です
でも、品質は変わりません

しっかり固まったココナッツオイルは、
スプーンなどで削ってすくい取り
フライパンに乗せて油の代わりにしたり、
焼きたてのパンに乗せても、美味しいです

成分表(100gあたり)

エネルギー:900kcal
たんぱく質:0g
脂質:100g
炭水化物:0g
ナトリウム:0mg
飽和脂肪酸:90.0g
トランス脂肪酸:0mg
コレステロール:0mg
中鎖脂肪酸:68.0g
(中鎖脂肪酸内にラウリン酸を53.0g含む)

最高級品質フィリピンミンダナオ島の
エキストラバージンココナッツオイル

自然な風味で本当に美味しいから、
幅広い年齢層の方に愛されています


botan

利用者の声

使い続けています
一時のブームが去りましたが、毎日お料理に欠かさず利用してます
認知症の予防に、オイルを常食するようになって約2年になります
1年半以上ほぼ毎日、大さじ1、2杯食べてます、肌が綺麗になります
2年間、ほぼ毎日大さじ1~2くらい食べてます、痩せないし、便秘も治りませんが肌がキレイになって、化粧ノリも良くなりました
食べても、塗っても使えるから、重宝しています

痩せるとか、便秘に良い、という意見は少数です・・・

しかし、肌に良いという意見が非常に多いです
美容には良さそうですよ

まとめ

ブームが去っても、
人気があるのが、ココナッツオイルです

気に入って止められなくなった人が多いような・・

人気の秘密は、肌に対する効果のようです
美肌に興味のある方は、是非どうぞ