こんなニュースが流れました

糖尿病が強く疑われる患者が、
2016年に、推計1000万人になったことが、
厚生労働省の国民健康・栄養調査でわかりました

これは、年々増加傾向にあります
2012年の調査から50万人増えています

初めて1千万人台になって、
対策が急務となっております

糖尿病とはどんな病気なのか?

人は食事をすると血糖値が上がります

おもに、炭水化物を摂取すると血糖値は高くなります
逆に、運動などによりブドウ糖がエネルギーとして
消費されると血糖値は低くなります

簡単いいうと、こういう仕組みでです

この人間のメカニズムは、
大昔にできあがっものですよね

狩りに出かけて、獲物を捕って食べていました
それは、簡単ではありませんでした
なかなか、お腹いっぱい食事をできません

だから、血糖値が上がったまま・・
そんなことは起きない
それで、昔はうまくいってたのです


でも、今や、食べるものはいくらでもあり
ついつい食べ過ぎてしまいます

それで糖尿病という病気が生まれます

健康な人の場合は、
血糖値は「インスリン」やインスリンと逆の働きをもつ
ホルモンのバランスによって、
一定の範囲内にコントロールされているのです
なので、食事や運動をしても血糖値が極端に変動しません

糖尿病は、インスリンの作用が十分でないために
ブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態
これが、ずっと続いてしまい、
全身にさまざまな影響が出てきます

糖尿病の種類とは?

糖尿病は、食べ過ぎだけでなく
原因別に、4種類に分けられます

1型糖尿病
これは、インスリンを作る膵臓が正常に作用せず
インスリンが作られなくなり、糖尿病になる場合です
若い人に多くみられます

2型糖尿病
インスリンの分泌が少なくなったり、
働きが悪くなるために起こります

おもに中高年以降にみられます
日本の糖尿病患の約9割が、この2型糖尿病です

日本人は遺伝的に、
インスリン分泌が弱い人が多い人種とされています

それに加えて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスなど
生活習慣や加齢で、発症するとされています

長年の悪い生活習慣で起こります
生活習慣病とも言われます

妊娠糖尿病
妊娠中に起こる、糖代謝異常の場合です
妊娠中は、わずかな高血糖でも胎児に影響を与えるます
なので、妊娠糖尿病と呼んで、注意喚起しています

その他の糖尿病
遺伝子の異常によるものや、
病気や薬剤に伴って起こるものがありますもあります

糖尿病になると、どうなるの

あまり自覚症状が無いのが特徴です
これが困るんですよね
発見が遅れることがあります

血糖値の高い状態が続くと、

尿の量が多くなる
糖は尿に出るときに、同時に水分も一緒に出すので、
尿の量が多くなるのです

のどが渇いて、水分をたくさん飲む
多尿のため脱水状態になって、のどが渇きます

体重が減る
糖が尿に出るので、体のたん白質や脂肪を利用して
エネルギー源とするためです

疲れやすくなる
エネルギー不足と、体重減少により疲れを感じやすくなります


スポンサードリンク

糖尿病の合併症が怖い

血糖値が高い状態が長く続くと、
いろんな、合併症を起こします

視力低下し、症状が進むと失明します
腎臓の働きが悪くなり、腎不全になってしまいます
神経障害を起こし、足の潰瘍や壊疽になることもあります
血管の病気、脳卒中、心筋梗塞、足の壊疽、動脈硬化

怖すぎます・・・

糖尿病を防ぐには?

糖尿病は、長年の生活習慣病なので
生活習慣を改善しないといけません

基本は、食事です
カロリーを必要以上にとらないことです
食べ過ぎ、間食などで、いつも何からべている・・
これはいけません

バランスも大事です
好きな肉の入った、コンビニ弁当ばかりだと
バランスが悪いですよ
サラダも食べましょう

また、食べる順番も大事です
サラダを最初に食べて、
おかず、ご飯の順番が良いですよ
ご飯が最後になるのがつらいですが・・・

野菜を最初に食べることで、
血糖値が上がるのを抑えることが出来ます

これを食べたらいけません
そんな食品は無いようです

要は、バランスです


運動もしましょう

運動といっても、軽いものです
お勧めは、ウォーキングです

急激な運動や、キツイと感じる程の運動は、
逆効果となります

週末に、がっちりやるのではなく
毎日少しずつ、継続するのが良いです

工夫して、毎日できるようにしましょう

仕事が忙しい人でも
なるべく歩くようにしましょう
階段を使いましょう

できることは、たくさんありますよ