あなたは、
おにぎりは素手で握ると
美味しくなるって聞いたことがありますか?

どうなんでしょう?
おにぎり器具で、型に入れてつくるのと、
確かに違うような気がしますよね~

素手が美味しいという、科学的根拠はない

おにぎりのお店で、
おふくろの味とかが売りの専門店があります
ここでは、手で握りますが、
絶対、素手ではありません
でも、美味しいですよね~

衛生面での指導もあり、
手袋をしていますよ~

ならば、味が落ちるのか?
それはないです

手で握ることによる、固さや仕上がりで
違いが出るのであって、
素手は、関係なさそうです

家庭でも、素手で握っては駄目

もし、他人が目の前で、
素手で握った、おにぎり、食べたいですか?

さすがに、嫌ですよね~
ばい菌が付いてい労だし・・・

家事であっても、同じです
手には、いろんな菌が付いています
これは、綺麗に洗っても、多少は付いていますよ

なので、ラップにご飯を載せて握りましょう
そして、食べる時にラップを取って食べる
これが衛生的です

でも面倒だ

ラップで握るのは面倒ですよね~

そんな時は、十分に手を洗って、
素手で握ってください

そのおにぎりは、早めに食べましょう
食べないで、そのまま放置はいけませんよ

なぜか?
握りたては、まだ菌が繁殖していません
時間が経過すると、手から移った菌が
どんどん繁殖している可能性があります

食中毒の場合、通常は
時間の経過で菌が増殖して起こるのが多いです

菌の増殖は、凄いんですよ!

黄色ブドウ球菌が怖い


(これはイメージで黄色ブドウ球菌ではありません)

おにぎりの場合の食中毒で多いのが
黄色ブドウ球菌です

黄色ブドウ球菌は、健康な人でも、
皮膚に付いている場合がよくあります

鼻腔などの粘膜や傷口など化膿した場所から、
良く検出される細菌です

小さな傷などは、皮膚のどこかにあるものです
それは、手のひらにも付いています

黄色ブドウ球菌は、暖かい環境で急速に繁殖します

おにぎりに愛情がこもる?

目の前でお母さんが、素手でおにぎりを作ってくれた
その事実に、美味しいと感じることはあるでしょう

でも、それは、感情であって
残念ながら、味じたいに、変化はありません

ましてや、
手のひらにある旨み成分などが、おにぎりに付着することで、
美味しくなるのではないか?
残念ながら、そんな成分はありません

夏がは特に、小さいお子様への配慮が必要です
昔は、ラップも、手袋もなかったので
子供が集まると、お母さん方が、素手で、
おにぎりを作りました

また、それが美味しかったんですけどね~

今は、そんな場合でも、手袋は常識です
何かあっては困りますから

昔の子供は、丈夫だったんでしょうね・・・