今年もO157の腸管出血性大腸菌のニュースが流れました

感染源は、スーパーのポテトサラダでした
重体の子供も出ています・・・

子供や高齢者は、特に注意

今回の感染は、スーパーで買ったポテトサラダで、
食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染しました

5歳の女の子、4歳の男の子、60歳の女性
子供、高齢者は、特に重症化しやすいのです

抵抗力が弱いと、重症化しやすいので、
幼児や高齢者、病気の人は、要注意です

少量の菌でも食中毒の原因となる
怖い菌なのですよ!

こんな症状が出たら注意

強烈な腹痛、そして発熱や下痢、
さらには、血便を引き起こします

最悪の場合、溶血性尿毒症症候群や脳症を併発して
死亡することがあります

すぐにできる対策

菌を死滅させる方法は、
75度で1分以上加熱することです
これしかありません

冷凍したものでも、解凍後、
菌が生きていたこともあります

直接感染する場合は、
汚染された飲食物を摂取することが原因です

生肉(特に牛肉)、
水、生牛乳、野菜・・・・

生ものは食べないようしした方がいいです
しっかり加熱したものを食べましょう

家庭で出来るO157対策(直接感染予防)

スーパーでの注意
肉、魚、野菜など生鮮食品は、新鮮なものを買う
(賞味期限のチェック)
肉などの生ものは、別のビニール袋にいれる
保温が必要なものは、帰る直前に買う
(購入した後、別の買い物をしたりして温めない)

自宅に帰ってから
冷凍、冷蔵の必要なものは、帰ったらすぐ冷蔵庫へ

冷蔵や冷凍などの温度管理はできていますか?
(冷蔵庫のつめすぎには注意)

調理では
下準備する時は、手や食器、器具などの洗浄、消毒
生ものの肉とかを触ったら、手を洗う
まな板、包丁などは、食材によって使い分けるか洗う
(肉や魚を切った後は必ず、熱湯で消毒)
肉などは、十分に加熱し、中まで火を通す
料理途中で食品を放置しない
盛り付けは、清潔な器具を使って、清潔な食器へ

食事する時
できるだけ早く食べる
時間を置く場合は、冷蔵庫に
食卓につく前に手を洗う
残ったおかずは、捨てる
残ったおかずを食べる時は、再度、充分に加熱する


スポンサードリンク

家庭で出来るO157対策(二次感染予防)

二次感染は、空気感染はしませんが、
直接触れることで感染します

患者や保菌者の便や、細菌が付着した手で、
口に触れることによって感染します

塩素消毒されていない、
簡易プールなどでの集団感染もあります
(家庭用のプール)

このように、O157感染症は、
保育園とか、老人施設なので、
二次感染により、感染者が増えることがあります

季節と発症時間

O157の感染症は、気温が高い、
初夏から秋にかけて多く発生します

食中毒菌が増える時期に多いのです

この時期は、夏バテなど、
体力の低下など、抵抗力が落ちる時期です

厄介なことに、潜伏期間があります
2~9日(多くは2~5日)の潜伏期間があって
その後、発症します

その間に、家族に感染する場合は多いです
症状が無くなった後も、1~2週間は腸の中に残り、
便の中に出てくるため、感染予防は継続する必要があります

まとめ

これから、まだ残暑が続きそうです・・・
まだまだ、安心はできませんよ

調理には気を付けたいですね

この時期は、惣菜を買うよりも
自宅で加熱して調理したものを食べたいですね

それが、なかなか難しいのだけれど・・・